お風呂場以外でシェービングをする場合

シェービングはある程度肌への負担を覚悟しなければなりませんので、処理しやすいお風呂場でおこなうのがおすすめなのですが、お風呂場以外でシェービングする場合で処理するのであれば、肌の負担を最低限に抑えるため、それなりの準備は必要です。まず、どの部分を処理するにしても、毛穴を開かせて処理しやすい状態することが大切になってきます。たとえば、適度な熱さのホットタオルを処理する箇所にあてて皮膚や毛穴を柔らかくしていきます。

本04また、カミソリと肌との摩擦を軽減してひっかかりなくスムーズに剃るためにローションや美容オイルをつけておくのもおすすめです。さらには、摩擦軽減以外にも、カミソリによる角質の取りすぎも防いでくれます。また、シェービングした後のアフターケアも重要になってきます。剃った後の肌は、思っている以上に敏感で、場合によっては肌が赤くなってしまうケースもありますので、いつも使用しているスキンケアで問題ありませんので、処理後のケアはしっかりとおこなうことが大切です。カミソリによる脱毛は、どうしても肌への負担が心配になってしまいます。これはお風呂場で処理した場合も同じことが言えますので、きれいな仕上がりになるためにもアフターケアはしっかりしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。