乾いた肌のままシェービング

シェービングをするときには、お肌がしっかりと潤っていなければ、シェービングをしたときにお肌を傷つけてしまうことになります。乾いた肌だと、お肌の表面がカミソリの刃にあたったときに摩擦でお肌の皮がめくれやすくなってしまいます。ほんのすこしの傷でも、お肌にとってはバリア機能が破壊されてしまうことになりますから、それがお肌の水分を失わせて、外部からの刺激にも敏感に反応してしまうことになります。そうすると、ムダ毛のお手入れを繰り返すうちに赤みがひどくなって来たり、かゆみがすぐに起こってしまうことになります。

本09ですから、シェービングをするときには、専用のクリームやジェルを一緒に利用することで、お肌への負担を最小限にする必要があります。専用のジェルやクリームがない場合でも、手持ちのクリームを使ってもよいですし、石けんやボディーソープを泡立て、その泡を利用する方法もあります。
また、普段からお肌の保湿ケアは欠かさないようにしましょう。お肌への負担を最小限にするためにも、敏感肌でも使えるようなローションを利用して、お肌にたっぷりの水分を補給します。さらにクリームや乳液でお肌を保護すれば、水分のたくさん含んだ状態を維持できます。

コメント

コメントを受け付けておりません。