シェービングでやってはダメな事

手軽にムダ毛を手入れすることが出来るシェービングですが、この際、やってはダメなことがいくつかあります。
まず一つ目は乾いた肌のままでしてはいけません。
肌が乾いていると必ず肌に微細なキズをつけてしまいます。炎症や肌荒れの原因となるので専用のクリームやフォームを使って肌を保護しながら処理するようにしましょう。
また毛の流れに逆らってはいけません。
皮膚に埋まっているムダ毛を処理しようと毛の流れとは反対の方から沿ってしまったり、するとやはり炎症や肌荒れを引き起こす元となります。

次に女性の場合は、生理前後のムダ毛処理は控えた方がよいです。
生理前後にニキビが出来るというような人も多いように、基本的に生理前後の肌は通常時に比べて不安定な状態となります。そのため、その時期にムダ毛処理をすると肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。
どうしてもその日じゃなければいけないという理由がなければ、生理前後の時期を避けて手入れするようにしましょう。
最後に気をつけたいのは使う道具です。
いつかったのか覚えてないような古いカミソリやさびて切れ味が悪くなっているようなカミソリは使わないようにしましょう。肌への負担だけではなく、毛穴から雑菌が入る可能性など衛生的な面からも問題です。
カミソリを使ったムダ毛ケアは手軽な一方で、肌トラブルを避けるためにやってはダメなことがあるので注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。